トップページPCエイドの特徴3つのサポート体制修理の流れ料金表無料集荷サービスご利用にあたってブログ

PCエイドのBLOG

PCエイドからのお知らせ・更新情報等のご案内です。

携帯端末のセキュリティの勉強 その2
2020.01.31
USBメモリを社員に配って紛失によるリスクを防ぐためには、いくつかの方法があります。

もちろん運用面でUSBメモリの使用を禁止することも一つの手段ですが、使用することにより便利なこともありますよね。

例えば、USBメモリにセキュリティのロックをかけるフリーソフトもあるようです。

無料のプランであれば4GB未満のUSBメモリに保護のパスワードをかけることができるとのこと。

PCから取り外すとロックがかかる仕様で、

USBメモリにインストールすることで、パソコンにUSBメモリを接続した際にパスワードによる認証が求められるようになるとのことです。

一番上のエディションでは、FAT32、NTFS、exFATなどいろんなフォーマットにも対応してそうです。

また、16GBを超える容量や外付けHDDにも対応可能とのこと。

価格帯が1ライセンスあたりおよそ4,000円。

こういう方法もあるんですね。


また、セキュリティ機能が最初からUSBメモリについているものもあります。

バッファロー(BUFFALO) RUF3-KV8G-DS

こちらも商品はウイルスチェック機能を搭載しており、USBメモリ内のウイルス感染をリアルタイムで監視して、

パスワード認証機能を使用する事で、盗難や紛失時に第三者による不正利用を防ぐことができるような仕様となっているようです。

https://www.buffalo.jp/product/series/RUF3-KV

価格はおよそ16GBのもので6,000円、32GBのもので7,000円


続く

TEL. 092-292-6665
平日10時〜18時(日祝定休、土曜不定休)

無料見積り
お問合せ