トップページPCエイドの特徴3つのサポート体制修理の流れ料金表無料集荷サービスご利用にあたってブログ

PCエイドのBLOG

PCエイドからのお知らせ・更新情報等のご案内です。

NVLink SLI
2020.10.20
今やっていますのが、
GEFORCE RTX 2070 SUPER 二個挿しでNVLink SLIを使用したPCの組み立て。




Single LinkのSLIからDual Linkで高クロック化を果たしたSLI HBGeForce、さらにRTX 20シリーズでは、NVLink SLIへとアップグレードされました。
従来から転送帯域幅を50倍に拡張してあるとのこと。
上の写真のように従来のSLIのコネクタは適合しません。

RTXシリーズのSLIは方式が変わって、ブリッジやコネクターに互換性がないため、あらたにNVLink SLIブリッジを購入する必要があるようです。

NVLink SLIブリッジいくらくらいするのかな?と調べるとAMAZONで
https://www.amazon.co.jp/MSI-GeForce-NVLink-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E5%86%85%E6%AD%A3%E8%A6%8F%E6%B5%81%E9%80%9A%E5%93%81-117248/dp/B07JJG7CL5

↑こちら
MSI GeForce RTX NVLink GPU BRIDGE→MSIの物でだいたい10,000円くらいですね。

ポチって届いたら今組んでいるPCも最後の仕上げのみで完成です。

出来上がりが楽しみ。


今さら聞けないパソコンのことシリーズもまた書いていきますので、宜しくお願いします。
今さら聞けないパソコンのことシリーズ「デスクトップPCはどれでしょうか?」
2020.10.08









新連載始めます。
今さら聞けないパソコンのことシリーズとなります。

今回はデスクトップPCはどれでしょうか?

という問題になります。

①②③の三つの写真のうちデスクトップPCはどれになるでしょうか?

パソコン用の言葉はわかりづらいことも多く、同じ言葉でも違う意味をさしたり、人それぞれで呼び方が違ったりします。

パソコン修理をやっていると、パソコン用語のいろんな呼び方に触れる機会が多く、少しずつご紹介できればと思います。

さて、以下に答えを書いていきます。

まず①番

これはモニターと呼ばれるものになります。
モニターはケーブルを通してPCの映像を映し出します。
ケーブルには、



こういったものや(↑はアナログケーブルと読んだり、D-subのケーブルと呼んだりしますが、このブログでは今さら聞けないシリーズということをテーマにしていますので、ケーブルの呼び名はここでは覚えなくても良いと思います)



こういったものがあります。(↑はHDMIケーブルと呼ばれ、現在主流のケーブルになってきています)

それでは続いて②番

これが正解になります。
デスクトップPCと呼ばれます。他には「PC本体」と呼ばれる時もありますし、丁寧に呼ぶ場合は「デスクトップPC本体」、省略した呼び方の場合は、「デスクトップ」と読んだり、「本体」と読んだりする時もあります。

デスクトップと呼ぶと別の意味も連想させますので、注意が必要です(後日、詳しく説明いたします)


最後の③番

これはキーボードと呼ばれます。
文字入力をするためのPCパーツです。


特に注意して欲しいのが、モニターのことをPC本体と思ってしまっている方がいますので、注意してくださいね!
あくまで、PCの本体はモニターからケーブルで繋がれている箱型の部分になります!
台風10号
2020.09.05
台風10号が九州を直撃するとの見通しです。今夜から沖縄に上陸するとのことで、沖縄の皆様の無事をお祈りするとともに、福岡で私たちも台風への準備を進めております。

風速80m//sとのことですが、どんな風なのでしょうか。

福岡ではよほどのことが無い限り休業しない西鉄バスが運休を決めたとのことで、台風の威力を物語っております。

月曜日の現場の仕事の予定は全てキャンセルさせて頂いております。

今日は事務所内のパソコンの避難と、できるだけ終わらせれるPCの修理は今のうちにということでスタッフと頑張っております。

月曜日以降、恐らく停電によるサーバやルーターの不具合、ネットワークトラブルが多そうです。

保守契約を頂いているお客様から優先的に作業になると思われますが、できるだけたくさんのお客様のサポートをできればと思います。

こういう時には無停電装置(UPS)の強力な物を導入されていれば、一つの安心にはなると思います。

緊急時に備えて必ずデータのバックアップは取っておかれてくださいね。

皆様のご安全をお祈りします。
藤井聡太二冠
2020.08.27
将棋の藤井聡太さんが二冠を達成された後の会見で「落ち着いたら自作パソコンを1台組みたいです」と発言されて、びっくりしました。

自分で組まれるんですね。

パソコン屋としてはとても嬉しい発言でした。(私は中学の時に将棋クラブに所属していました。将棋のにわかファンです)

ちなみにAMDのユーザとのことです。
AMDとはパソコンのパーツであるCPUという、人に例えると脳のような役割を果たす部品のメーカーの一つになります。
CPUで有名なのは皆さんご存じのIntel社。Core-i3やCore-i5などの言葉を一度は聞かれたことがあると思います。
一方AMD社で有名なのはRyzenというCPUになります。
自作パソコンの面白いところは、自分で一つ一つパーツを選んで作れるオリジナリティの部分にあります。こだわりのPCケースやPCパーツを使ってカッコいいパソコン組む事も可能です。またパソコンのスペックを変えることができる、拡張性の部分も大きな魅力ではないでしょうか。
パーツを揃えてしまえば、組み立てるのには1時間から3時間程度といったところでしょうが、初めのうちはパーツ選びに苦戦することでしょう。
ハードウェアは本当に沢山存在するんです。
自作パソコンを作るのに必要な主なパーツは、
PCケース、マザーボード、CPU、ファン、HDDやSSD、メモリ、グラフィックボード、電源ユニット、OS(ソフトウェア)、DVDドライブやBlu-rayドライブ・・・
といったところになりますが、一部のパーツを除いてはそれぞれ沢山のメーカーが様々な製品を販売しています。
この中から何を選ぶか?というところが面白い部分であるわけですが、同時に初心者の方には難しい部分でもあります。
PCエイドは私達のパーツの選定で組み上げたオリジナルPCを販売しています。
お気軽にご相談ください。
パソコン大渋滞
2020.08.26
現在、沢山のパソコンが修理のために入ってきており、大渋滞となっております・・・。

PCの診断には早いもので2営業日から長いもので1週間程度お時間を頂いております。

お待たせしまして誠に申し訳ありません。

暑い日が続いているからなのでしょうか。

パソコンは熱に弱いですからね。

スタッフみんなで一生懸命PCの修理をこなしておりますので、何卒宜しくお願いします。

外で働かれている方々は熱中症にくれぐれもお気を付けください!

エアコンのきいた部屋の中で働いている分私たちは幸せだと思います。

社内業務フローも見直して、少しでも早く、安く、正確に修理をこなしていきます!

PCエイドのさらなる成長にご期待ください!

只今ECサイトも制作中ですので、できたら告知致します!

PCエイドのおすすめ品を提案しますので、楽しみにされていてください!

TEL. 092-292-6665
平日10時〜18時(日祝定休、土曜不定休)

無料見積り
お問合せ